アロマテラピーとは・・・

森林浴をしながら木々の中を歩いていると気分が清々しくなったり、
心が穏やかになりリラックスした経験や、ペパーミントやレモンの香りを嗅いで
気分がスッキリしたり、リフレッシュした経験はありませんか?
私達は日常生活の中で自然と調和しながら生活しています。
また、ショウガやニンニクを調理している香りを嗅いで食欲が湧いてきたりしたことはありませんか?
これも広い意味でアロマセラピーと言えるでしょう。

aroma(芳香)therapy(療法)を合わせた言葉で日本語では
芳香療法と呼ばれます。


アロマテラピーは“精油”を用います。“精油(エッセンシャルオイル)”は、
植物・・花、葉、木、果皮、樹脂から手間と神経を使い、
その植物から芳香成分を抽出するものです。

それらの精油には、リラックス、リフレッシュするもの、抗菌、防腐、抗炎症、抗ウイルス作用などがあるもの、など、ココロやカラダ、そして肌に対しても様々な効果があります。

ただし、幾らある症状に期待できる成分が含まれていても、使用する人の嫌な香りや不快な香りだったら良い効果は期待出来ないでしょう。

心地良い香りを嗅ぎ、心と身体がリラックスすることで体の機能がアップし、精油の持つ成分により免疫力も向上するといった働きをしてくれるのが精油です。

アロマテラピーで大切なのは、その症状に期待できる成分とその人、そして、その時心地良いと感じる香りを使用することではないかと考えます。

この、”アロマテラピー”という言葉はフランス語で、20世紀になってつくられました。
フランス人科学者のルネ・モーリス・ガットフォセ氏が実験中に火傷を負い、
その時彼はそばにあったラベンダー精油にとっさに手を浸し、その後の回復経過の早さに驚き精油の研究を続けたそうです。このことから、精油を使った手当ての総称を“アロマテラピー”と名付けました。イギリスでは“アロマセラピー”と呼ばれ、現在心身を総合的に捉えて、
健康を維持する目的で精油を使用しています。
そして、フランスやドイツでは医師の管理のもと、医療的なアロマテラピーも行われています。
 
サンプル画像